神社プラス1

»

11月 10 2012

平成24年11月10日 福島県の神社修復チャリティ

神田明神

【大盛況にて終了 御礼申し上げます!】

●福島県の神社修復チャリティ

先行き不透明な現代社会。だからこそ、今はじめて人気漫画家・美内すずえが、ベストセラー作家の浅見帆帆子と和田裕美が、そして神社を愛する多くの文化人たちが、神社の魅力のみならず、これからの日本人の進むべき道を語ってくれます。

日時/平成24年11月10日(土) 開場/13:30 開演/14:00-17:00 場所/東京 神田明神
入場料/三千円(税込) 定員150名
※売上げの一部は、福島県内の神社復興基金として寄付させていただきます。

第一部/「神々と共に生きる」
◎表博耀(日本文化伝統産業近代化促進協議会会長・観光庁観光マイスター・出雲観光大使)
◎田中ひろみ(イラストレーター、文筆家)
◎和田裕美(作家)

第二部/「日本の神々のこれから」
◎美内すずえ(漫画家)
◎稲田美織(写真家)
◎浅見帆帆子(作家)

表博耀
表 博耀(おもて・ひろあき)
1962年大阪市生まれ。 日本の伝統美を革新と融合させ現代に甦らせる新進気鋭のプロデューサー。 2000年ASEM・アジア欧州首脳会合(ソウル)やヨーロッパ各地にて、外務省認定国際交流事業などの総合プロデュースを手がけ、日本の伝統美を革新・融合させ、現代に甦らせる「ネオジャパネスク」を展開。

 

田中ひろみ
田中ひろみ
イラストレーター、文筆家。大阪府堺市出身。1989年、セツ・モードセミナー(絵の学校)卒業。小説家・小嵐九八郎氏のアシスタントをへて、フリーのイラストレーターになる。1990年より、銀座のギャラリー等で個展を開催。仏像や神社好きとしても知られ、著書に「東京江戸たんけんガイド」(PHP研究所)、「うさぎちゃんのわくわく江戸散歩」(双葉社)、「仏像、大好き!」(小学館)、江戸東京再発見ぶらりスケッチ散歩(東京堂出版)、「田中ひろみの神社に行こう! イチからわかる参拝案内」(講談社)など。

 

美内すずえ
美内すずえ
1951年2月20日生まれ。大阪府出身。 16才の時、「山の月と子ダヌキと」で集英社「別冊マーガレット」で金賞を受賞し、高校生漫画家としてデビュー。 以後、「13月の悲劇」「はるかなる風と光」「妖鬼妃伝」等、次々に意欲作を発表し、人気漫画家となる。 1976年から連載の「ガラスの仮面」(白泉社)は開始当初より超ベストセラーとなり 少女漫画史上、空前のロングセラー作品として、各界から絶大な支持を受け、TVアニメ化、ドラマ化、舞台化されている。その他、光と闇の伝奇ロマン「アマテラス」(白泉社)では、自らの神秘体験を盛り込んでおり、メッセージ性の高い読み物として、幅広い層に愛読者が多い。精神世界にも造詣が深く、前述の「アマテラス」のイメージCDでは自ら監修を手掛けるなど、精力的に活躍中。

 

稲田美織
稲田美織
1985年多摩美術大学油絵科学科卒業。1991年より拠点をNYに移し、フリーで活動中。世界中の美術館・ギャラリーにて作品を発表、個展を開催している。2001年のNY同時多発テロを目撃したのをきっかけに世界中の聖地を撮影。2005年より伊勢神宮の式年遷宮(しきねんせんぐう)の撮影を開始する。NYのMOMA、NY工科大、イスラエル美術館などで 展覧会を行い、好評を博す。

 
浅見帆帆子
浅見帆帆子
作家、東京出身。幼小より青山学院に学び、大学卒業後ロンドンに留学。帰国後の「あなたは絶対!運がいい」(廣済堂出版)「あなたと宇宙とあなたの使命」(世界文化社)他が累計300万部超えのベストセラーに。人材教育に使う企業、教育機関も多く、各国で翻訳出版されている。近年、ジュエリーブランド「AMIRI」のデザイナー、ファッションラインの発表など独自のライフスタイが注目され、カンボジア教育支援など、アジア平和への活動を開始している。

 

和田裕美
和田 裕美(わだ・ひろみ)
京都府出身。作家、童話作家、株式会社ペリエ代表取締役、熊野本宮大社社殿奉賛会参与。神社プラス1発起人。外資系教育会社を経た後、「世界NO2セールウーマンの売れる営業に変わる本」で作家デビュー。その作風は大きな反響を呼び30万部のヒットになる。その後、童話、エッセイを含む数多くの著作を発表。計35冊を数える。傍ら、ラジオDJ、さらには、セミナー、講演で国内外からオファーが絶えない講演家でもある。

Permanent link to this article: http://jinjaplus1.com/event/20121110064501.html