神社プラス1

«

»

3月 30 2013

平成25年3月30日 福島県内神社復興チャリティ

神田明神

【大盛況にて終了 御礼申し上げます!】

●日本人の魂は神社から生まれる

「神社で幸せになった人に聞く」~だから神社が注目される~
神社プラスワン主催イベント ~まつりごと・第3弾~

平成25年3月30日(土) 神社を通して日本の未来を考える神社プラスワン主催のイベントが東京・神田明神(神田神社)に戻ってきます。
日本の中心、江戸の繁栄を支え続けた強力なパワーを持つ神田明神から今回発信するメッセージは、近年まれにみる神社への人々の興味の盛り上りについて、なぜ神社が今これほどまでに注目を集めているのか? その本質と、なぜ神社で幸せになったのか、その理由を各界の著名人と神田明神のご神職がそれぞれの立場より立体的に語りつくします。

日時/平成25年3月30日(土) 開場/13:30 開演/14:00-17:00 場所/東京 神田明神
入場料/三千円(税込) 定員150名
※売上げの一部は、福島県内の神社復興基金として寄付させていただきます。

第一部/テーマ「これからの日本を観光立国にする! 観光とは『光』を観せることなのです」
◎表博耀(日本文化伝統産業近代化促進協議会会長・観光庁観光マイスター・出雲観光大使)
◎瀧本徹(観光庁観光地域振興部長)
◎中村真(神社プラス1)

第二部/ドナルド・キーンの正統なる継承者が語る「日本文化と神社の素晴らしさ」
◎ピーター・A・マックミラン(英文学博士・アーティスト・翻訳家)
◎インタビュワー:和田裕美(作家・神社プラス1代表)、中村真(神社プラス1)

第三部/テーマ「神田明神(神田神社)と日本復興」
◎清水祥彦(神田神社権宮司)
◎和田裕美(作家・神社プラス1代表)

表博耀
表 博耀(おもて・ひろあき)
1962年大阪市生まれ。 日本の伝統美を革新と融合させ現代に甦らせる新進気鋭のプロデューサー。 2000年ASEM・アジア欧州首脳会合(ソウル)やヨーロッパ各地にて、外務省認定国際交流事業などの総合プロデュースを手がけ、日本の伝統美を革新・融合させ、現代に甦らせる「ネオジャパネスク」を展開。

 

 

ピータ・A・マックミラン
ピーター・A・マックミラン(雅号:西斎)
アイルランド出身。英文学博士・アーティスト・翻訳家。日本在住歴20年以上。杏林大学客員教授、東京大学非常勤講師。日本文化をこよなく愛し、百人一首の英訳本『One Hundred Poets, One Poem Each』を英訳出版し、日米で翻訳賞を受賞。現在は反語の制作と並行して『伊勢物語』、『富士文学百景』の翻訳・執筆に取り組んでいる。2013年1月27日まで、ソニービル壁面のアートウォールに作品が飾られ、1Fエントランスホールでも版画シリーズ「新・富嶽三十六景」の展覧会が開催された。

 

和田裕美
和田 裕美(わだ・ひろみ)
京都府出身。作家、童話作家、株式会社ペリエ代表取締役、熊野本宮大社社殿奉賛会参与。神社プラス1発起人。外資系教育会社を経た後、「世界NO2セールウーマンの売れる営業に変わる本」で作家デビュー。その作風は大きな反響を呼び30万部のヒットになる。その後、童話、エッセイを含む数多くの著作を発表。計35冊を数える。傍ら、ラジオDJ、さらには、セミナー、講演で国内外からオファーが絶えない講演家でもある。

Permanent link to this article: http://jinjaplus1.com/event/20130330080315.html