神社プラス1

«

»

1月 07 2014

メールマガジン 第9号

初詣

月イチ配信 神社プラス1 メールマガジン第9号をお届けします。
今月は新年号でもあります。

あけましておめでとうございます
神社プラス1の和田裕美です。

みなさんはもう初詣はされましたか?
私は近所の氏神様と会社の氏神様へ
参拝させてもらいました。

近所の氏神様は
東京にある、明治神宮とか、日枝神社のような
立派なものではないので
ワンコも一緒に立ち寄れるので
うちの犬(もも)も連れていったのですが
同じく、散歩のついでに
ワン子連れでお参りする人が多かったです。
さて、いつもはガラガラの神社もお正月ばかりは
長い参列。

私の前で熱心にお参りしていた
犬連れのご主人様が
手を合わせて目をつむってお参りをしている隙に
その人のワンコがなんと
お賽銭箱に「シャーっ」と気持良さそうに
おしっこをかけたのです!

見ている私は
「ありゃありゃ」という感じ。

でも飼い主のご主人様は
目を閉じて熱心に祈っていたので気付かず。
きっと、いつもいろんなワンコが
決まってマーキングしている場所なのかもしれません。

こんな光景をみれば

世の中には「神聖な場所を汚すとはなにごとざます!!」と目を吊り上げて怒る人もいるでしょう。
また、「飼い主のしつけがなっとらん!」と説教をしてくれる人もいるでしょう。

でも、日本の神様って
たぶん、「仕方ないのう」と言って
笑ってそれさえも楽しんでくださる気がするんです。

神様はもともと自然そのものです。
人間や人の自然なことに関しては
すべて受け止めてくださるように思うのです。

本当の穢れってこういうことじゃないからです。

本当の穢れとは
お賽銭箱の前に
食べ終わったお弁当のケースを置いたり
タバコの吸い殻をすてたりすることです。

人を騙して、お金を奪ったり
ぐうたらでサボってばかりいることです。

無責任に動物を飼って、家が狭くなったからという理由だけで
捨ててしまうことです。

汚染水を流し、空気を真っ黒にしながらも
富を求めて私欲に走ることです

だから私は
祓いが必要なのも人だけなのだと思うのです。

お賽銭箱におしっこさせてしまったことは
けしていいことではないけれど、
私たちがもっと気をつけないといけないのは
人としてどのように生きるかということ。

神様が喜んでくださることを
たくさんしたいものですね。

さて、初詣にいくと
私はこう祈っています。

「地球が調和され、人類が平和になり
 私たちの天命が全うされますように」と。

今年、たくさんの目標をおいかけて
努力して、がんばって生きると神様に誓った後で
人間として誇りを持てるような生き方をしますと
宣言する人が一人でも多く増えたら
いい世界になりますね

調和されますように。
人が地球を大事にできますように。
そして、もっともっと
幸せになっていい人が
ちゃんと幸せになりますように。

そして
どうか今年も宜しくお願いします。
がんばります。

和田裕美

【お知らせ】

「和田裕美と行く、熊野ツアー」があります。
2月1日に行くので旧正月前ですから
最高の時期に、熊野で今年の決意ができます。
これは本当にすばらしいことで、
この時期に熊野に行く事で
きっとこれからの人生になんらかの
よい影響があると私は信じています。
バスも宿泊もすべて同じなのでべったりお話できるかと
思います。さらに参加する人はごくわずかです。
いろいろとみなさんと神社のお話などできたら嬉しいです。

主催は私ではなく
近畿日本ツーリストさんと、パワープレイズさんの二社でされていますので
ご質問などはそちらへお願いします。
お申し込みは1月14日までです

http://biz.knt.co.jp/tour/kumanokodo.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[神社プラス1メンバー]

竹森良一
日本の心を伝える情報誌「WAGO(和合)」絶賛発売中

中村真
日本全国の神社検索アプリ「THE 神社」アンドロイド版限定無料リリース
クレジット:ImaJin Inc

青木康
宝島社より私が編集した『日本の神様』が1/10に発売になります!
神像や絵画などで、本来目に見えぬ日本の神々の姿を先人たちがいかに描いたか、写真を多数掲載。
会社のビル屋上などにある企業が祀る神社「企業内神社」を大々的に特集。

Permanent link to this article: http://jinjaplus1.com/magazine/20140107170041.html