神社プラス1

«

»

5月 05 2015

神社プラス1 メールマガジン第25号

新宿の神社

月イチ配信 神社プラス1 メールマガジン第25号をお届けします。

こんにちは 神社プラス1の
和田裕美です。

神社が好きな人は世の中にたくさんいます。
そして、神社への「思い」も様々です。

ですから、
「神様とは〇〇という存在ですぞ」と
それぞれの人が
いろいろな表現スタイルで語ります。

だから
「あの人はこう言っているけれど
 それは違います」ということを
 言う人も出てくることもあるのです。

そんなわけで
私は多くの方と関わるようになったとき
「あれ、どっちが正しいんだろう?」と
迷ってしまったことがあるんですよね。

けれど、だんだんわかってきました。

日本にはもともと
八百万の神がいらっしゃるわけで
神さま自体が「それぞれの役割」とか
「状況」とか「言い分」を持っているのだから
いろいろな意見があっていいんだと。
全部、それぞれ、正しいんだと。

ウン(*・ω・*)

ただ、アマテラス様が
岩戸から出ていらしたのは
説得でも、強制でも、「法に従って」でもなく
「楽しそう」だから。それで日本が明けたということ。

すべての
原点は「面白く生きろ」ということに
尽きるのだと思います。

たくさん笑うことが
何よりも大切なことだと
私は思っています。

さて、今回のメルマガライターは
私の最大の神友でもある笹川祐子さんです。

まさにこの原点を生きているような
「楽しい人」です。

つまづいても
転けても

「ああ、この程度でよかった
 神様、ご先祖さま、ありがとう」と笑って
言っている人で
まさに神さまから可愛がってもらえそうな
生き方をされています。

笹川さんをもっと知りたい方は
イマジンプラスさんの
サイトをご覧くださいませ。
面白い人なので一度
「見に」いってもらいたいです。(笑)

和田裕美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神社プラス1
笹川祐子

「心に強くイメージしたことは叶う、という実感と、神社月参り」

こんにちは、神社プラス1の笹川祐子です。

私は、人材派遣・教育事業を全国展開で経営し、創業19年目を迎えます。
本社はずっと東京の新宿です。

会社の氏神さんとして、長くお参りしているのが、新宿熊野神社。
新宿中央公園の一角にたたずむ、高層ビル群の都会のオアシスです。
この神社への月参りについて、少し自分の体験から書いてみます。

私は約20年前に北海道から上京しました。
当時私が20代の頃、「トレンディドラマ」の舞台は、新宿副都心でした。
今でいう、六本木ヒルズ、ミッドタウンみたいな感覚でしょうか。

高層ビル街に囲まれた新宿中央公園でOLやビジネスマンがお弁当を食べたりデートする風景を見て、まだ札幌で一生懸命働く女子でしたが、「東京へ行ったら新宿界隈で働き、この中央公園でデートするんだ!」と、わくわく鮮明なイメージが膨らんでいました。
数年後、東京の事業家の方の熱心な誘いで、北海道から上京し、最初は新宿歌舞伎町のビルでしたが、西新宿の高層ビルに移転。東京には知人もなくゼロからのスタートでしたが、その会社で新規事業を始め、事業が順調に軌道に乗りました。

お世話になったオーナーや応援してくださった方々、創業以来のお客様、社員、スタッフ、皆さんのおかげと感謝しながら、神社参拝をし、出張の際にも各地の神社にお参りしていたんです。そうだ!会社の氏神様にもご挨拶をと、新宿中央公園を通って、熊野神社によくお参りにいくようになったのです。
夢が叶って、西新宿で働き、熊野神社に月参りの為、公園をよく通るようになりました。
すでに新宿中央公園は、私がドラマで見ていたときとは一変、ホームレスがたくさんいるところに変わっていました。

でも、神様に会いに行くんだ!という気持ちは、デートに出かけるときと同じようにときめいてドキドキするものです。
1日と15日に参拝するように心がけていますが、忙しいとなかなか。月末近くなって売上が足りないとお願いに行ったり、神様ごめんなさい!と反省しに行ったり。今では、お参りできるだけでありがたい、感謝の気持ちを神様に伝えてきます。
各地の神社参拝をさせていただきますが、一番足しげく通うのは氏神様です。

東京本社内を大きく改装したとき、同じ新宿区内で引っ越しをしたとき、節目にはご神職さんに祈祷にきていただきました。
遠くの憧れの人も素敵だけど、近くにいて優しく支えてくれる存在とでもいうのでしょうか。
お正月は本社の社員全員で初詣で。毎年好天に恵まれ、今年の目標達成と社員の健康を祈願します。社員たちのおみくじを引いたりにこやかな様子に幸せを感じます。

そして、地方支社の氏神さまへも。毎年、1~2月に、全国の支社を回って、メンバーと氏神様へ新年参拝に行きます。美味しい食事会をセットにするので、支社の社員も喜んでというか、それを目当てに一緒に参拝してくれます。

人の御縁に恵まれ、いつも感謝の気持ちをもって、御礼の月参りができるよう精進してまいります。

株式会社イマジンプラス 代表取締役社長
笹川祐子

【メッセンジャーのプロフィール】
藤女子大学卒業。北海道出身。
1997年 セールスプロモーションの人材教育、一般派遣業、人材紹介業を創業。
2012年 教育事業の子会社イマジンネクスト設立。
全国展開で、日本の将来を担う若い人材の輩出企業として躍進中。
ライフワークが全国各地の神社参拝。

————————————————
[神社プラス1メンバー]

竹森良一
日本の心を伝える情報誌「WAGO(和合)」絶賛発売中

中村真
神社を切り口に「旅」を考えた時、あなたの家の玄関から先がすべて参道になる。
想いを持って、お社に向かいはじめることが参拝のはじまりならば、その道中に
様々な神様に出会うことが出来るはずです。さぁ「JINJA TRAVEL BOOK」を片手に、
あなたの心に響く旅にでかけましょう!
JINJA TRAVEL BOOK」フォレスト出版より発売中

日本全国の神社検索アプリ「THE 神社」アンドロイド版限定無料リリース
クレジット:ImaJin Inc

青木康
2月13日に弊社で編集した別冊宝島『巡礼 日本の神様』が宝島社より発売されました。
他誌では掲載されていない神像や絵画とともに日本の神々を紹介。
さらに神話の世界を体感できる有名神社や、山や巨石などの御神体などの聖地を紹介しています。
聖地を合計100ヶ所紹介する「日本の神様再発見地図帳」付き!

宝島社より私が編集した『日本の神様』が発売中です!
神像や絵画などで、本来目に見えぬ日本の神々の姿を先人たちがいかに描いたか、写真を多数掲載。
会社のビル屋上などにある企業が祀る神社「企業内神社」を大々的に特集。

Permanent link to this article: http://jinjaplus1.com/magazine/20150505120042.html